エポスカードを滞納するとエムアールアイ債権回収が取り立て訪問する

エポスカードの支払いを長期滞納すると、借金取り立ての管理回収業務を株式会社エムアールアイ債権回収に委託するという内容のお手紙が届きます。

エポスカードを強制解約されてエムアールアイ債権回収の取り立ても無視していると、一年以内に裁判所から支払い督促が届き差し押さえしようとしてきます。

これは実際に一年以内に裁判所から書類が届いたボクの体験談ですが、ボクの場合はずっと無視していたからというのもあると思います。
連絡さえ取れていればいきなり訴えられる事は無いと思いますので返済意思がある方はエムアールアイ債権回収を無視しないようお気を付けください。

マルイの赤いカード時代から長年利用していて、プラチナカードになっていたボクのエポスカードもお金の切れ目が縁の切れ目で、長期滞納している今となっては悪質な債務者としてブラックリスト入りしている事と思います。

正月に撮ったエポスプラチナカードですが、既に強制解約済みですw

エポスプラチナカード

ご存知の方もいるかかもしれませんが、エポスプラチナカードのショッピング枠は300万です。

ボクはこのショッピング枠300万円+キャッシング枠も海外FXやクレジットカード現金化でほぼ全て使い切り、現在はまるまる借金として残っています。

関連記事:【体験談】Amazonギフト券を自分でクレジットカード現金化!【自宅で簡単に出来る】

この300万円以上に遅延損害金が発生していて、エポスカードの遅延損害金だけでも現在数十万円になっていて恐ろしく高いですw

そして、エポスカード以外の他社の借金も10件以上あるので、ショッピング枠を現金化して他社を返済する自転車操業も力尽き、もはや返済は不可能です(^^;

こちらはエポスカード会員サイトのエポスNetにログインしようとした時の画面です。

強制解約されたエポスカードNet画面

当然ですが、「お客さまのカードは、現在こちらのサービスをご利用いただけません。」とのことですw

エムアールアイ債権回収とは

株式会社エムアールアイ債権回収とは丸井グループのサービサー(債権回収会社)で、「債権管理回収業に関する特別措置法」(サービサー法)に基づく債権管理回収業の許可を法務大臣から受けている正規の債権回収会社とのことです。

つまり、法務省お墨付きのクリーンな債権回収会社なので、エポスカード(エムアールアイ債権回収)は闇金ウシジマくんみたいなムチャな取り立ては出来ないって事ですね。

先日、ボクの自宅にもエムアールアイ債権回収の人間が訪問してきましたが一度インターホンを押してすぐ帰っていきました。居留守だったんですけどねw

「お支払いの件でお伺いさせて頂きました」という内容の不在通知票をポストに投函して帰ります。

エムアールアイ債権回収は派手なピンクの封筒で請求書を送ってきたりお盆休みの時期に督促したりもします。

関連記事:エポスカード(エムアールアイ債権回収)の借金督促を無視してたらピンクの封筒が届いたw

関連記事:お盆休みでも借金滞納してると督促してくる取り立て屋はココ!

エムアールアイ債権回収はクリスマスでもエポスカードの取り立てで家に訪問してきます。

クリスマスに借金取りが家に来るのは良い気持ちしないですねw

関連記事:クリスマス、年末は借金の取り立てで家に訪問してくる金貸し屋が多い

かつては暴力的な取り立てで有名だったマルイの現在

昔の借金取り立ては正規の金融会社でもヤミ金みたいなキツイ取り立てをしていた時代も実際にあって、その中でも債権回収会社というと物凄く恐ろしそうなイメージですが、、暴力的な取り立てをやり過ぎてガチガチに規制されている現在では、債権回収会社といってもヤクザじゃないですから法律を破るようなムチャな取り立てはしません。

闇金から売られた債務者の名簿を悪用して架空請求業者が債権回収会社を騙って振り込め詐欺を行う事はあるので闇金などの違法業者にはご注意ください。

エポスカードもマルイの赤いカード時代などはヤクザみたいな厳しい取り立てをすると悪名高かったと思いますが、法律が厳しくなっている現在、正規の大手企業であるエムアールアイ債権回収(エポスカード)が自宅前に長時間張り付いて帰宅を待ったり何度もしつこくインターホンを押すような事は無いと思います。

少なくとも300万円以上を踏み倒しているボクの家の前で待っていたりインターホンを連打された事は無いです。
取り立てに訪れる担当者も出てくるとは思ってなさそうですし、今までボクの家に訪問してきた人はみんなすぐ帰っていきました。

昔は居留守使ったらわざと近所に聞こえるような大声で怒鳴られたり、ドアを壊す勢いでガンガン叩かれたりしたようですが今は規制されてますしそんなヤクザな事はしないです。

90年代に社会問題になった「金が無いなら肝臓でも目玉でも売って金作ってこい」などと正規の貸金業者が脅迫して取り立て出来るような時代じゃないですからね。

ちなみにかつて「肝臓売って金作れ」と債務者を脅迫して社会問題になった会社は「日栄」。現在のJトラストグループ日本保証ですね。

楽天カードの未払い金を債権譲渡されて取り立てしたりするパルティール債権回収なども同じJトラストグループです。

関連記事:パルティール債権回収が訪問して来た際に投函する手紙がこちら

関連記事:パルティール債権回収を滞納すると引田法律事務所が督促してくる

社名が日栄だった1999年、支払いが行き詰った債務者や連帯保証人に対して「腎臓や目ん玉売って金作れ!」などと電話などで脅迫まがいの取り立てを行い、債務者がそれでは死んでしまうと言うと、「借金も返せないような奴は死ねば良い」とまで言われた。この債務者は精神的苦痛を受けたとして東京地裁に損害賠償請求訴訟を提起すると共に警察に告訴し、同年10月30日に恐喝未遂容疑で千葉支店元社員(当時25歳)の男が逮捕され、日栄に対しても警察の家宅捜査が入った。

この脅迫行為については同年10月9日のしんぶん赤旗に掲載されたことで初めて報じられ、この報道をきっかけに他の債務者・連帯保証人が受けた電話等の録音音声やインタビューが相次いでテレビの情報番組やドキュメンタリー番組で公開され、週刊誌(ゴシップ)などでもこぞって取り上げられたことから「商工ローン問題(日栄・商工ファンド問題とも)」として大きな社会問題となった。
引用:Wikipedia

もちろん今は債務者を脅して取り立てるような事はしていないと思いますが、万が一そのような事をされた場合はすぐに関係機関に相談された方が良いです。

督促電話→督促はがき→自宅訪問→裁判→差し押さえ。これが基本の流れで、取り立てと言っても担当者も普通のサラリーマンですので、脅されたり、近所迷惑になるような嫌がらせのような取り立て方をしてくることは無いと思います。

エムアールアイ債権回収が取り立てに使用している電話番号

0120120101 / 0120-120-101
基本的にこの下四桁0101のマルイマルイから催促の電話が来ますが、債権回収会社は取り立てに色んな電話番号や携帯電話を使用したりするので知らない番号は注意が必要ですね。

0120120101以外の電話番号ですと0120130101と0120168277の電話回線もエムアールアイ債権回収だと判明しています。

下四桁0101だとすぐに丸井系の電話だとわかりやすいですが、0120168277は一見エポスカードの取り立て電話だとわからないのでお気を付けください。

自宅訪問や裁判・差し押さえは債務者の状況によって、やる場合とやらない場合があるみたいですね。

電話連絡がとれていて返済意思があればいきなり裁判・差し押さえされる事は無いと思いますが、返済出来なければ結局は強制執行になってしまいます。

ちなみに日本の警察署の電話番号って末尾が0110(110番)で統一されているんですが、この警察署の下四桁0110と丸井系列の下四桁0101がパッと見ると似ていて、「警察か!?」と勘違いして一瞬ドキッとしてしまいますw

ただ、借金の踏み倒しは犯罪ではありませんので借金をバックレても警察が介入することは無いです。

もちろんボクは他のことでも警察から電話が来るような悪いことはしていませんw

まとめ

・エポスカード(エムアールアイ債権回収)の滞納を無視してると一年以内に裁判沙汰になる。

・エムアールアイ債権回収が訪問に来て居留守を使っても基本的にすぐ帰る。

ボクの場合はもう開き直ってますから、残高が無い銀行口座をそんなに差し押さえしたければいつでも差し押さえどうぞって感じですが、そういうわけにはいかない方たちは弁護士・司法書士などの専門家に相談した方が良いです。

会社に電話されたり、自宅に直接来られたら困るって方のほうが多いですよね。

法令遵守しながら債務者が突かれたくない部分を突いて借金の取り立てをするのが「株式会社エムアールアイ債権回収」のような債権回収会社のお仕事ですのでご注意ください。

関連記事:エムアールアイ債権回収を無視してたら訴えられたw【エポスカード】

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加