しつこい借金の取り立て電話は三か月を過ぎると激減する

借金取り立ての督促電話が一番うるさい期間というのは最初の三か月です。基本的に滞納期間が三か月を過ぎると早く借金を払えという催促の電話回数は減っていきます。

但し、消費者金融やクレジットカードの支払いを三か月以上滞納するといわゆるブラックリストに載った状態になってしまいます。

二か月までの滞納ですと、各社が審査時に必ず見ている信用情報でギリギリ金融事故扱いにならずに済みますが、三か月滞納になると株式会社シー・アイ・シー(CIC)などの信用情報機関に金融事故を起こした事が登録されます。

信用情報機関に長期延滞情報が載ってしまいブラックリスト入りすると、CICの場合ですと5年間は情報が消えずにブラックリスト入りしてしまう事になります。

私のような借金踏み倒し生活をしている底辺の世捨て人だと、自分がブラックリストに登録される事より、毎日しつこい督促電話の方が気になったりしてましたが(^^;

もちろん、債権者の催促が減るというのは借金回収を諦めたと言うわけではなく、裁判手続きなどに移行したりといった事になるので、あくまで借金督促の電話の回数自体は減ると言うことです。

ちなみに今日は土曜日ですが、土日は特に少ないですね。

もちろん土日もガンガン督促してくる借金取りもいますが、基本的に少なくなります。

長期滞納者は督促の担当部署が土日はお休みの部署に変わるのでしょうか。

私は現在約15社の借金を一年以上滞納していますが、本日土曜日はどこからも取り立て電話はなかったです。(平日は今でも子浩法律事務所などからしつこく電話があります)

関連記事:【子浩法律事務所】0362280936が督促電話を毎日してくる件ww

たまたま今日は電話がなかっただけですが、延滞し始めた初期はあちこちのクレジットカード会社から1日40件とか不在着信が残っていたりしたので(´⊙ω⊙`)

やはりその頃に比べると最近はだいぶ静かにはなりました。

リボ払いの支払いを延滞し始めた滞納初期の段階では、土曜日や日曜日も必ずどこかしらクレジットカード会社コールセンター等から督促電話が鳴っていたような気がします。

正直スマホの着信音はずっとミュートしていて、一度も督促担当者と話した事は無いので、滞納初期の記憶は既に薄かったりもするので記憶違いだったらすいません^^;

今年ももう11月ですが、督促ハガキは出しても今年まだ1度も督促電話がかかってきてないんじゃないかって思うほど全然電話が無いクレジットカード会社もありますね。

三井住友カードとかは督促ハガキがたまに届くくらいで最近は全然督促電話が来なくなりました。

どえらいカードです(´⊙ω⊙`)

もちろん本来支払わなくてはいけないお金を滞納し続けているので、ある日突然訴えられる可能性が高いですが、私みたいな財産無しの独身底辺の場合は訴えられて強制執行されても日常生活を送る上で特に困る事はありません。

返したくても返すお金が無いんです(´;ω;`)

私の場合は時効狙いで踏み倒し生活をしていると言うわけでもないですし、さすがに約15社全てから時効で逃げ切れるとも思えないので、私は特に時効の事も考えてないですが、消費者金融、クレジットカード会社などの貸金業者から借りている借金の時効は5年と法律で決められています。

貸金業者から訴えられて判決が確定した場合は時効期間が10年に延びます。

2ch(5ch)借金生活板の永久滞納スレに行くと、5年10年滞納し続けている強者は多いですが、やはり督促がうるさかったのは最初だけという書き込みはよく見ます。

通常はそこまで長期滞納する前に返済するか、弁護士・司法書士に相談して自己破産、債務整理等をして解決される方がほとんどでしょうが、今回は借金取り立ての督促電話はピークを過ぎると激減するという事実について書かせて頂きました。

借金を長期滞納して踏み倒すのは真面目に生きている方にはオススメ出来ないのでご注意ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。着手金・電話相談無料!!

誰にも言えない借金の悩みを電話で聞いてもらうだけでも楽になれます。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テキストのコピーはできません。