借金を無視してたらゆうちょ銀行を差し押さえされた!【体験談】

借金を無視してたらゆうちょ銀行の差し押さえ

先日、借金を滞納中のクレジットカード会社「ライフカード」の債権差押命令が裁判所から届きました。

差し押さえされた銀行口座預金はゆうちょ銀行のようです。

以前にライフカードからの支払い督促は届いており、既に債務名義もとられている状態でしたので、いつ差し押さえされてもおかしくない状態だったのでついに来たかという感じでですかね(^^;

関連記事:【滞納】ライフカードの支払督促が裁判所から送られてきた件

クレジットカードの支払いを滞納したからと言って、突然差し押さえされる訳ではありませんが、ボクは一年以上滞納している借金の催促を電話や書面などもずっと無視していましたから強制執行されるのは当然ですよねw

貸金業者にもよりますが、基本的に借金の取り立てを無視せずに電話に出て誠意を示していれば一括返済ではなく分割返済の和解には応じてもらえると思います。

連絡さえ取れていればいきなり強制執行されて差し押さえされるという事は避けられると思いますので、事情があり延滞している方はボクのようにならないようお気を付けください。

連絡無しだとライフカードはお盆休みなどの連休期間も取り立てがうるさいです。

関連記事:お盆休みでも借金滞納してると督促してくる取り立て屋はココ!

クレジットカードを滞納してたら届いた差し押さえ命令

こちらが地方裁判所の債権執行係から送られてきた債権差押命令になります。

裁判所から届いた債権差押命令

1 債権者の申立てにより、上記請求債権の弁済に充てるため、別紙請求債権目録記載の執行力ある債務名義の正本に基づき、債務者が第三債務者に対して有する別紙差押債権目録記載の債権を差し押さえる。

2 債務者は、前項により差し押さえられた債権について、取立てその他の処分をしてはならない。

3 第三債務者は、第1項により差し押さえられた債権について、債務者に対し、弁済をしてはならない。

この差押命令が送達されると第三債務者であるゆうちょ銀行はボクにお金を支払うことを禁止され、ボクが差押命令を受け取った翌日から1週間を経過すると、ゆうちょ銀行の預入している預金残高はクレジットカード会社側に行くようです。




差し押さえされたゆうちょ銀行の残高は○○円

ちなみにボクがゆうちょ銀行に預入していた預金残高は正確には覚えてないんですが、何年も前に最後にお金をおろした時の記憶では殆ど入ってないのは確かです。

たぶん200円くらいです(´・ω・`)

ライフカードさん(m´・ω・`)m ゴメン…

今回差し押さえされたゆうちょ銀行は元々もう何年もずっと使っていない休眠口座のような状態でしたけど、クレジットカードの借金を踏み倒している現在の状況ではゆうちょ銀行に限らず、どこの銀行もいつ差し押さえされるかわからないのでのんびり銀行にお金を預入しておくことような事は出来ませんね。

今回のように差し押さえ金額が少額の場合は恐らく取り下げされて200円は戻ってくる事になると思います。

大手の銀行口座は差し押さえされるから利用しない

基本的にクレジットカード会社や消費者金融が差し押さえする際の銀行口座は誰でも知っているような大手銀行や滞納者の住んでる地域にある地方銀行・信用金庫などの支店を狙って差し押さえする傾向にあるようですので、地元以外のマイナー銀行を使った方が良いですね。

ボクは安定したネット収入を得ようとしたり海外FXで一山当てようとしては失敗しているどうしようもない無職の底辺なのでいつでも生活は苦しいのですが、たまにほんのわずかにインターネット収入が入る事もあるので、銀行取引が必要な事もあります。

そういった時は、あまり有名では無いマイナー銀行を使ったうえで即日預金を下ろして差し押さえされないように一応普段から備えています。

やはりいつ差し押さえされるかわからない状況では三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などの三大メガバンクはもちろん、有名どころの銀行は基本的に使わない方が良いと思います。

ネット銀行も差し押さえされます

ネット銀行は差し押さえされない、差し押さえされにくい銀行という口コミ・評判などのうわさが有りますが、現在この情報は古いです。

以前はネット銀行は安全だったかもしれませんが、ネット銀行に口座開設している方が大量にいる現在では債権者もネットバンクを狙ってきます。

そしてネット銀行側も口座情報を開示しますのでネット銀行だから大丈夫だと油断しないようお気を付け下さい。

住信SBIネット銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・セブン銀行・イオン銀行・ソニー銀行などが代表的なネット銀行です。

債権者がネット銀行を差し押さえする場合は上記の大手ネット銀行を狙ってくると思います

差し押さえされにくい銀行

差し押さえされにくい銀行のお勧めはセブンイレブンのATMで365日24時間使えて貸金業者がまず狙わないGMOあおぞらネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行と言われても知らない人の方が多いんじゃないでしょうか。

でも差し押さえ回避に使うわけですからこういうマイナー銀行の方が良いです。

通常のクレジットカード会社・消費者金融・サラ金・債権回収会社は口座が存在するかもわからないのにいきなりこの銀行を狙う事はまず無いです。

差し押さえされにくいというかほぼ安全でしょう。

Visaデビット機能付きのキャッシュカードが発行されますのでブラックリスト入りしてる喪中の方でもクレジットカード機能も使えて便利です。

外貨も扱っているため馴染みの無い方には一瞬分かりにくいかもしれませんが、日本円の普通預金口座もありますので差し押さえ対策の銀行口座を考えている方は検討してみて下さい。

とりあえず今回のボクに対する差し押さえの対象はゆうちょ銀行一行だけのようなので、他の銀行は差し押さえの対象にならず無事だったようです。

ゆうちょ銀行の通帳は紛失状態で、インターネットからのログインIDやパスワードも分からないので「サシオサエ」と記載された画面をスクショする事は出来ませんでしたが、次回どこか差し押さえされてしまった時は画像も載せておきたいと思います。

銀行口座の差し押さえが厳しくなる法改正の動きアリ

裁判所から債権差押命令が出たといっても裁判所は支払いについての仲介等はしませんので、現在の法律では債務者の銀行口座は債権者であるクレジットカード会社や消費者金融等が特定する必要があります。

ですが、民事執行法という法律に改正の動きがあるようで、債権者が指定した銀行に裁判所が預金口座の有無を照会し、預金口座がある場合は支店や残高を回答するよう義務化される可能性もあるようです。

裁判所が照会するようになる可能性有りといっても、日本全国すべての銀行や支店に口座の有無を一斉照会するような恐ろしいシステムではなく、債権者が指定した銀行を裁判所が照会という事のようですので、個人的にはそんなに問題無いかなとも思っていますが、法改正の動向は注意した方が良さそうです。

尚、今でも三大メガバンクとゆうちょ銀行の四行は要請があれば全支店照会に応じています。

それとこの民事執行法の改正対象は犯罪被害者に対する賠償金や、養育費などの支払い未納に限定される可能性もあるらしくまだ不透明なようですね。

たとえ日本中の全銀行に一斉照会されるようになっても債務者側はどうする事も出来ませんので悩み過ぎず生きていくしかないですね。

銀行口座の差し押さえ対策に株・FXの口座を利用する

クレジットカード会社や消費者金融が滞納者の財産差し押さえをするのに狙ってくるのは銀行口座が基本です。

銀行はほとんどの方が口座開設した経験があると思いますが、株やFX口座は持ってない方の方が多いでしょうから債権者も狙いません。

少なくとも大手の貸金業者では存在するかも分からない証券口座をいきなり狙って差し押さえ申請するマニュアルは無いはずですので差し押さえ対策に証券会社やFX会社の口座を使うのは有効だと思います。

普段は証券会社やFX会社の口座にお金を預入しておいて、必要時に銀行にお金を出金するといった形で自宅金庫の代わりのようにしておけば差し押さえされる確率も低くなり安全で良いと思います。

お勧めはDMM FX

DMM FXは口座数国内1位で、高額のキャッシュバック特典も有ります。

テレビCMなどでも有名な大手です。

大手銀行と違い、債権者がいきなりDMM FXの口座を狙ってくる事は考えにくいです。

どの銀行よりも安全な口座と言えるでしょう。

コンビニ等でスムーズに入出金も出来ます。

興味があれば検討してみて下さい。


まとめ

大手都市銀行はもちろん、本店・支店が近所にある地方銀行・信用金庫も差し押さえ対象になりやすいです。

民事執行法の法改正により地元以外で作っていた銀行口座も口座照会されバレる可能性があります。

差し押さえ対策としては、基本的に銀行口座に預金を残しておかないよう注意して、預けておく場合は銀行ではなく証券会社やFX会社の口座を利用するようにした方が良いです。

ボクのように差し押さえされる可能性がある方はご注意ください。

今回ボクは裁判所から送られてきた債権差押命令の対象であるゆうちょ銀行の預金残高がほとんどないので、恐らく取り下げという事になり後日裁判所から取下書が届くと思いますのでその際はまたこのブログでご報告します。

2019年1月3日追記

ライフカードの取下書が送られてきたので画像載せておきました。

ライフカードに差し押さえされた銀行の残高が少なすぎて取り下げ書が届いた件

【追記】ワイジェイカードもゆうちょ銀行を差し押さえ

先日、ワイジェイカードの債権差押命令が裁判所から送られてきました。

ワイジェイカードとは、ワイジェイカード株式会社が発行しているYahoo! JAPANクレジットカードです。

そしてワイジェイカードが狙った銀行口座はゆうちょ銀行でした。

ゆうちょ銀行は債権者から狙われやすい銀行のようです。

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加