ワイジェイカードを滞納してたら差し押さえされた!【体験談】

クレジットカードを滞納してたら差し押さえ。

借金を滞納しているクレジットカード会社「ワイジェイカード」の債権差押命令が裁判所から届きました。

ワイジェイカードとは、ワイジェイカード株式会社が発行しているYahoo! JAPANクレジットカードです。

ワイジェイカードは借金を踏み倒している約15社の中でも真っ先に仮執行宣言付支払督促を送って来て、債務名義を取られたクレジットカード会社です。

いつでもボクの銀行預金を差し押さえする事が出来る状態でしたので、ついに来たかという感じでですね(-_-;)

今回ワイジェイカードに差し押さえされた銀行口座預金はゆうちょ銀行と、きちんと支払いが出来ていた頃に引き落としに使っていた銀行口座の二つです。

ゆうちょ銀行は少し前にライフカードからも差し押さえされました。

引き落としに使っていて債権者にバレている銀行口座が差し押さえ時に真っ先に狙われるのはわかりますが、ゆうちょ銀行も差し押さえ時に債権者から狙われやすいようですね。

裁判所から届いた債権差押命令

こちらは裁判所の債権執行係から送られてくる債権差押命令の画像です。

裁判所が送ってくる債権差押命令

債権差押命令

1 債権者の申立てにより、上記請求債権の弁済に充てるため、別紙請求債権目録記載の執行力ある債務名義の正本に基づき、債務者が第三債務者に対して有する別紙差押債権目録記載の債権を差し押さえる。

2 債務者は、前項により差し押さえられた債権について、取立てその他の処分をしてはならない。

3 第三債務者は、第1項により差し押さえられた債権について、債務者に対し、弁済をしてはならない。

この債権差押命令が送達されると第三債務者である銀行はボクが口座からお金を出金しようとしても出金することを一時的に禁止されるようです。

そして、ボクが差押命令を受け取った翌日から1週間が経過すると、銀行で差し押さえた預金残高はクレジットカード会社側に行くようです。




ワイジェイカードは調査会社に自宅訪問を委託する

クレジットカードを滞納すると、ワイジェイカードは日本インヴェスティゲーションという調査会社に自宅訪問を委託しているようです。

日本インヴェスティゲーションの担当者が自宅に何度も訪問してきます。

ワイジェイカード(日本インヴェスティゲーション)は他のクレジットカード会社の自宅訪問に比べて、しつこい部類だと思います。

日本インヴェスティゲーションは楽天カードからも委託されて自宅訪問するケースもあるようなので、楽天カードを滞納している方もご注意ください。

銀行口座が差し押さえされても残高が無ければ無意味

ちなみにボクがゆうちょ銀行と引き落としに使っていた銀行に預入していた預金残高は正確には覚えてないんですが、両方合わせても数百円くらいです。

今回のように差し押さえ金額が少額の場合は、恐らく取り下げされて数百円は戻ってくる事になると思います。

今回の差し押さえで金銭的なダメージは無いですが、それでも差し押さえされるのは良い気分にはならないですね(-_-;)

クレジットカードの借金を踏み倒している現在の状況ではどこの銀行でもいつ差し押さえされるかわからないので、のんびり銀行にお金を預入しておくことような事は出来ません。

クレジットカードの支払いを滞納したからと言って、突然差し押さえされる訳ではありませんが、事情があり延滞している方はお気を付けください。

大手銀行よりマイナー銀行

ボクのようにクレジットカードの滞納などで差し押さえされる可能性が有る方は誰でも知っているような大手銀行の口座は使わない方が良いです。

やはり大手は差し押さえされやすいですからね。

お勧めはセブンイレブンのATMで24時間365日使えて貸金業者があまり狙わなそうなGMOあおぞらネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行と言われても知らない人の方が多いんじゃないでしょうか。

でも差し押さえ回避に使う場合はこういうマイナー銀行の方が良いです。

Visaデビット機能付きのキャッシュカードが発行されますのでブラックリスト入りしてる喪中の方でもクレジットカード機能も使えて便利です。

外貨も扱っているため馴染みの無い方には一瞬分かりにくいかもしれませんが、きちんと日本円の普通預金口座もあります。

リンク貼っておきますので差し押さえ対策の銀行口座を考えている方はよろしければどうぞ。

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加