エポスカードの遅延損害金が56万円になって債権譲渡された件

エポスカードの遅延損害金

借金の支払いを滞納したまま放置しているエポスカードから先日手紙が届いたんですが、手紙に記載されている遅延損害金の金額がいつの間にか56万円になっていました。

高すぎΣ( ̄□ ̄|||)

エポスカードはショッピングとキャッシング合わせて約350万円ほど滞納・踏み倒し中だったんですが、金額が大きいので遅延損害金も恐ろしいスピードで増えていきますね。

元金、利息、遅延損害金を合わせたエポスカードからの請求金額の総額は400万円を超えました。

ちなみにエポスカードの遅延損害金はショッピングが実質年率14.6%、キャッシングが実質年率20.0%のようです。

こちらが実際に送られてきた書類に記載されていた遅延損害金です。
エポスカード遅延損害金56万円

遅延損害金566,140円w




借金はエポスカード以外にもあるので、踏み倒し中の全てのクレジットカード会社の遅延損害金を足したら、遅延損害金だけで100万円は軽く超えてると思います。

多分200万も超えていますね。

(´・ω・`)

普段そういう計算はしていないので遅延損害金の総額が現在いくらになっているのか正直もう分からないんですけど200万円~300万円くらい発生してそうです。

遅延損害金だけで破産しちゃいそうです。

今後も放置していると請求される金額は更に多くなっていきますが、請求金額がいくらになろうがどうせ返せない借金ですから何も変わらないと開き直ってメンタル維持しています。

むしろ借金の金額が膨れ上がるほど「無職に返せるわけないだろ( ゚Д゚)」と開き直れますw

借金が100万円とか200万円ならどうにか返済しようと頑張ったと思いますが2000万円の借金返済は無職には不可能です(-_-;)




エポスカードの債権譲渡通知書

今回エポスカードから送られてきた手紙の内容は、エムアールアイ債権回収という債権回収会社に債権を譲渡しましたという債権譲渡通知書でした。

エムアールアイ債権回収とは、エポスカードやゼロファーストなどの焦げ付いた借金の取り立てを行っている丸井グループの債権回収会社です。

債権譲渡通知書
弊社は、貴殿に対し有する下記の債権(以下「譲渡債権」)を「株式会社エムアールアイ債権回収」に譲渡いたしましたので、民法467条に基づき通知いたします。

債権譲渡に関する今後のご照会等につきましては、株式会社エムアールアイ債権回収へお願いします。

なお、債権譲渡日前の情報に関しましては、弊社でお問い合わせを承ります。

【債権譲渡の表示】
弊社が貴殿と締結したクレジットカード契約に基づき、貴殿に対して有する債権のキャッシング、ショッピング等に関する残債権及びそれに付随する一切の権利。

このような債権譲渡通知書が送られてきました。

エポスカード債権譲渡通知書

譲渡時残高4,047,461円

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

エムアールアイ債権回収の債権譲受通知書

債権譲渡された側のエムアールアイ債権回収からも債権譲受通知書という書類が届きました。

エポスカードの債権譲渡通知書と一緒に送られてきました

債権譲受通知書

株式会社エムアールアイ債権回収は、株式会社エポスカードから下記債権を譲り受けました。


今後、当契約に関する債権者は株式会社エムアールアイ債権回収となります。

つきましては、貸金業法24条2項の定めにより譲り受けた債権の内容をご通知いたします。

なお、お客様の債権額は従前と変更はございません。
お問い合わせがございましたら、弊社担当者まで、ご連絡をお願いいたします。

エムアールアイ債権回収の債権譲受通知書

エムアールアイ債権回収は以前からエポスカードに督促業務を委託されて電話や自宅訪問などをしてきてましたので、正式に債権譲渡されたといっても督促内容は特に変わらないと思います。

エポスカードとしては債権譲渡した方が損金処理とか大人の会計上色々と都合が良いみたいです。

エムアールアイ債権回収以外にもパルティール債権回収、ニッテレ債権回収、エー・シー・エス債権管理回収、オリファサービス債権回収などから督促されてますが今のところ怖い思いをしたことは無いです。

ヤミ金じゃないので違法な取り立て行為はしてこないと思います。

多分ねw

ただ、怖い思いはしなくても自宅訪問や差し押さえなどややこしい事はあります。

エポスカードの借金を放置すると遅延損害金が恐ろしく膨れ上がり最後はエムアールアイ債権回収に債権譲渡されますのでお気を付けください。

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加