【2000万円】借金からバックレて分かったメリットデメリット【経験談】


借金の支払いに詰んで返済をバックレ始めてからここまでを振り返ってみて感じる現時点での借金からバックレて踏み倒すメリットデメリットについてブログ書きます。

借金踏み倒しマンは数年前「あ、これもう詰んでるわ」と気付いてしまった時にリボ払いの返済地獄からバックレて借金を踏み倒しました。

借金踏み倒しマンの場合、弁護士や司法書士の先生に介入してもらって借金返済せずに済んだわけではありません。

あちこちから一日中かかってきた督促電話や自宅訪問をすべて無視して現在に至っています。

クレジットカード15社から約2000万円の借金をするまで自分が詰んでることに気付かなかったんですけどねw

関連記事:借金二千万滞納踏み倒し中の中卒ド底辺の自己紹介

FXで一発当てて返すつもりでしたが、安定の破滅コースですw

それではまずは借金をバックレるメリットから行きます。

借金して遊びまくっても返さないで済む

はい、いきなり出オチみたいな感じになりますが、何と言っても借金をバックレる最大のメリットはこれでしょうね。

「借金踏み倒して何が悪いの?」

「俺みたいな人間に貸した奴が悪い」

「借りた金を返さなくて良いって素敵やん?」

ドクズな発想ですが借金からバックレる時に絶対に必要なのはこういう開き直りの精神ですw

お金を貸してくれた方に申し訳ないという考えは捨てる必要がありますね。

業者の借金を一部の個人がバックレたところであちらは痛くないです。

クレジットカード、消費者金融などのサラ金業者は借金をバックレる人がいても統計的に儲かるようになってますし気にする事無いです。

FX・パチンコ・パチスロ・競馬・競輪・競艇・・・世の中には誘惑がいっぱいあります。

どんなギャンブルでお金を使い果たそうが、キャバクラ、風俗にハマって借金まみれになろうが借金返済からバックレてしまえば遊んだ者勝ちですw

ちなみにギャンブルやFXなどの借金は自己破産で免責されないという噂があるようですが実際には一回目の自己破産ではギャンブルや投資・投機で作った借金でもほとんどの場合免責となるようです。

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。

新大阪法務司法書士事務所

借金をバックレても犯罪にならない

借りたお金を返さずに開き直って借金をバックレることは犯罪ではありません。

「返すつもりで借りましたけど、どうしても返せなくなりました。」

こういう方を罪に問うことは出来ません。

犯罪じゃないので当然警察は介入しません。

警察は民事不介入の原則もあるので通常のお金の貸し借りのトラブルには刑事・民事ともに一切介入しません。

ただ、「よっしゃ、金借りまくってバックレたろwww」という風に最初から踏み倒すつもりでお金を借りるのはアウトですw

返済記録は残りますのでお金借りて一度も返済せずにいきなりバックレた場合、最初からお金を騙し取る目的だったんじゃないかと疑われてしまう可能性もあります。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼する場合は一度も返済していなくても先生の方で対応してくれると思いますが、専門家に依頼していない場合は突っ込まれる可能性あります。

そうは言っても大手の貸金業者が滞納者を刑事事件で告訴するようなことはよほどの事が無い限りあり得ないとは思いますが、心配の種が残るので借金をバックレる場合は少し返済してからにしましょう。

借金を踏み倒してもヤクザは来ない

消費者金融(サラ金)、カードローンなどの大手の借金をバックレてもヤクザや怖いお兄さんが家に押しかけて来ることは無いです。

訪問担当者は普通のサラリーマン風?かはわかりませんが威圧的では無いおじさんです。

訪問だけが担当なので滞納者が在宅だった場合は携帯電話を渡されて詳しい話は別の担当者と電話で話してくださいというパターンも多いようです。

電話や訪問時の態度の良し悪しは人それぞれという事になると思いますが、一昔前のような乱暴な取り立ては現在規制されていますので大手はどこもやってないです。

ヤクザが債権回収に介入してくるのは個人間の貸し借りがこじれて知り合いのヤクザに取り立てを頼んだとか、アングラマネーの貸し借りとかですね。

飲み屋のツケのこじれとか個人間の貸し借りにヤクザが入ってきた場合はすぐ警察に介入してもらいましょう。

ヤクザだけではなくヤクザに依頼した人も教唆や共同正犯で逮捕される可能性があります。

普通の貸金業者の借金はバックレてもヤクザや怖いお兄さんが脅しに来ることは無いので安心しましょうw

借金をバックレたら精神的に楽になる


借金踏み倒しマンは毎月10日と27日にクレジットカードの支払日が集中してたのでリボ払いの自転車操業生活してた頃は常に金策に追われていました。

だけど開き直ってバックレたら今まで毎月ほとんど利息だけのリボ払い返済を続けていた生活から解放されて精神的に楽になれました。

踏み倒しても怖いお兄さんは取り立てに来ないですしw

開き直ってバックレてしまえば胃が痛くなるような悩みは無くなります

ただ、楽にはなれますが借金踏み倒しマンの場合は弁護士、司法書士の先生に任せて借金を綺麗に清算したわけではないので常に請求されている状態です。

毎月の支払いからは解放されましたけど時効援用阻止され続けたら一生の付き合いかと思うとちょっとなぁという感じです。

借金を踏み倒す時は専門家に頼んで綺麗にしてもらって再起を図るのが一番精神的に楽になります。

借金をバックレても督促電話はくる


ここからはデメリットです。

メリットだけならいいんですが残念ながらデメリットもあります。

借金踏み倒しマンは自己破産等の債務整理をしたわけではないので当然ながら督促電話は今も続いていてしつこいです。

15社のうち今でも頻繁に督促電話をかけてくるのは5社くらいですが電話はあります。

ライフカード、パルティール債権回収、エー・シー・エス債権管理回収、子浩法律事務所、エムアールアイ債権回収辺りがしつこいですねw

ただこの問題の解決方法は簡単で、電話番号を変えれば即解決するんですけどねw

今のところ着信音をミュートにすればあまり困らないのでまだ電話番号を変えてません。

不在着信ゼロ件で孤独を感じるより取り立て屋の不在着信でも有った方が精神的に良いかもw

いまだに電話番号を変えていないという事は、厳しく規制されている今の借金の取り立ては電話番号を変えなきゃいけないほど追い込まれるようなことは無いということでもありますw

借金踏み倒して住民票動かしたらバレる理由

これも借金踏み倒しする人にとってデメリットですね。

住民票移動したらバレます。

借金踏み倒しマンはかつて借金を取り立てる側として債務者の引っ越し先を調べるため実際に役所に調査に行った事が有ります。

住民票の移動はばれないと思ったら大間違いで簡単に追跡可能でばれてしまいます。

ここでは何故引っ越し先が債権者に引っ越し先がバレるのかについて説明します。

住民票には除票という死亡や転出などで既に除かれた住民票の記録が有ります。

もし引っ越して転出した場合には除票に転出先の住所が記録されていて、債権者が借用書など貸借事実がわかるものを持って役所でこの人の住民票の除票が欲しいと言えば、引っ越し先の住所が記載されている住民票(除票)が発行されるからバレるのです。

これは実際に役所の窓口で借用書と自分の身分証を見せて除票を貰った体験談なので間違い無いです。

債権者は債務者の引っ越し先を知る権利があるということになっています。

そのため借金を踏み倒して夜逃げする方は住民票を動かさずに夜逃げするのです。

借金踏み倒してる時に住民票を動かしたらバレますので新住所がバレたくない方は住民票の異動にはご注意下さい。

借金に限らずDVなど何らかの事情で誰かから逃げる場合も万が一借用書が偽造されてしまえば個人情報が開示されてしまう恐れがあるので訳ありの時の住民票異動はよく検討しましょう。

借金について開き直れる人は全然気にせず住民票を移せばいいと思います。

別に新しい住所がバレたからって普通の貸金業者からの借金だったらヤクザが脅しに来るわけじゃないですからね。

危ない筋からの借金を夜逃げする場合は住民票の異動には気を付けて下さい。

尚、住民票を動かさずに夜逃げして住所不明になっても仮執行宣言付支払督促を裁判所で一定期間貼る事によって相手が受け取った事になる「公示送達」というやり方で債権者は時効を伸ばすことが出来ます。

新住所がバレていないからと言って借金の時効を期待しすぎるのは失敗した時に失望が大きいので止めておいた方が良いです。

仮執行宣言付支払督促が送られてこなければ時効は5年。

仮執行宣言付支払督促や通常裁判で債務名義をとられたら時効は10年になります。

10年で時効だと思っていても10年後再び債務名義を取りに来る金融業者も多いようなので長い戦いになります。

クレジットカードや住宅ローンの審査に通らない

消費者金融(サラ金)やクレジットカードでキャッシングやカードローンなどに申し込みした場合、金融業者は審査時に各社共通の信用情報機関のデータを確認しますが、借金踏み倒しマンは異動(61日以上または3ヶ月以上の滞納)という所謂ブラックリスト状態で金融事故情報が載っているので申し込みしても大手はどこも相手してくれませんw

ちなみに個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCという3機関あります。

支払遅延で異動情報が載るとJICCは1年、CIC、KSCは5年消えません。

個人信用情報機関に異動が載っていると消費者金融(サラ金)、クレジットカード以外に住宅ローンも審査時に信用情報機関のデータを確認するので銀行の審査は通らないですね。

まぁ借金バックレなくても底辺の借金踏み倒しマンが銀行で住宅ローンに申し込みすることはなかったかもしれませんw

借金をバックレたら銀行に預金できない

銀行に預金できないといっても銀行に預金を断られるわけでは無いですw

大手銀行にお金を入れっぱなしにしておくと預金を差し押さえされる危険性があるので銀行にはゆっくりお金を置いておけません。

これは毎月の給料を振り込みで貰っていたり銀行に何かしらの入金があるほとんどの方にとってデメリットですね。

クレジットカード会社や消費者金融が差し押さえする銀行口座は誰でも知っているような大手銀行や滞納者の近所にある銀行を狙ってくるようです。

借金踏み倒しマンはあまり有名では無いマイナー銀行を使ったうえで即日預金を下ろして差し押さえされないように一応普段から備えています。

いつ差し押さえされるかわからない状況で三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などの三大メガバンクはもちろん、有名どころの銀行は基本的に使わない方が良いと思います。

差し押さえされにくい銀行のお勧めはセブンイレブンのATMで365日24時間使えて貸金業者がまず狙わないGMOあおぞらネット銀行です。

大手IT企業のGMOインターネットとあおぞら信託銀行によって設立されたネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行と言われても知らない人の方が多いんじゃないでしょうか。

でも差し押さえ回避に使うわけですからこういうマイナー銀行の方が良いです。

通常のクレジットカード会社・消費者金融・サラ金・債権回収会社は口座が存在するかもわからないのにいきなりこの銀行を狙う事はまず無いです。

差し押さえされにくいというかほぼ安全でしょう。

Visaデビット機能付きのキャッシュカードが発行されますのでブラックリスト入りしてる喪中の方でもクレジットカード機能も使えて便利です。

外貨も扱っているため馴染みの無い方には一瞬分かりにくいかもしれませんが、もちろん日本円の普通預金口座があります。

差し押さえ対策の銀行口座を考えている方は検討してみて下さい。

関連記事:借金を無視してたらゆうちょ銀行を差し押さえされた!【体験談】

関連記事:差し押さえされた銀行の残高が少なすぎて取り下げ書が届いた件

友人の借金を踏み倒したらヤバイ

身内、友達、知人など顔見知りから借金をして踏み倒すのはガチの恨みを買うのでお勧めしませんw

借金踏み倒しマンが借金を踏み倒したのは全て正規のショッピング、キャッシング等クレジットカードなので、個人的な恨みは買っていません。

なので仕事が終わった後や自分の休日を使ってまでわざわざ借金踏み倒しマンに電話や訪問してくる

頭がおかしい

仕事熱心な方はいません。

みなさん仕事で督促してるだけですからね。

貸金業者の借金はバックレても殴られないし刺されません。

ただ、知り合いからお金借りて踏み倒したら最悪の場合は殺人事件になる事もあり得ます。

踏み倒した噂を流されて地元に住みづらい事にもなるかもしれませんし、ネットで色々書かれて自分の名前を検索するとネガティブ情報が出てきてしまう事もあり得ます。

金融業者にもう時効だからこの借金は返す必要が無いと主張するのは有効ですが、友人・知人・親兄弟には時効を主張しても聞き入れてもらえない可能性が高いですし恐らく感情を逆なでする事になってしまいます。

出来れば知り合いから借りたお金だけはどうにかして返した方が良いと思います。

もし友人・知人・親兄弟やお世話になった人から借金を踏み倒す場合は覚悟してバックレましょう。

債務整理していないとゴールが見えない

借金を踏み倒した借金踏み倒しマンが現時点で一番精神的に重いのがこれですね。

先ほど借金を踏み倒したら精神的に楽になれるというのをメリットに上げましたが、借金踏み倒しマンは自己破産等の債務整理をしたわけではないので借金の額は遅延損害金等で日々借金は増えています。

バックレて毎月の支払いからは解放されて楽になりましたけど、正式な借金の整理をしてないのでまだ綺麗なカラダじゃないんですよねw

15社も借りていたら10年後も時効阻止してくるところありそうですし一生の付き合いになるかもと思うとちょっと気が重いですね。

関連記事:【滞納】オリコが時効の阻止狙い!「ご相談のご案内」について

先ほども少し触れましたがクレジットカード会社や消費者金融から借金した場合の時効は5年(債務名義をとられている場合は10年)です。

時効の条件

・時効までの5年間一度も返済していない
・時効までの5年間裁判・差し押さえ等されていない
・借金の存在自体を認めていない

10年後に時効阻止されたら次は20年後?

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

お爺ちゃんになっちゃうw

まぁ金融業者の社員が台帳で顧客管理していた時代なら10年で終わったかもしれませんけど、今は全てコンピューター管理されているでしょうから機械的に延長されるだろうなと思っています。

普段生活するうえで困る事は特に無いですが借金と一生もののお付き合いと思うと気が重いですから借金踏み倒しマン自身いずれ法律事務所に相談しなきゃいけないかなとも思います。

以上、借金返済をバックレて踏み倒すメリットデメリットについて実際に借金踏み倒し生活をしている借金踏み倒しマン視点でブログ書いてみました。

他に思い出したりしたらまた追加しようと思います。

まとめ

規制が厳しい現在は大手の借金からバックレて踏み倒しても取り立て等で怖い思いをする事は無いです。

ただ、会社に電話されたり給料等を差し押さえされる等はありますので会社に居づらい状況になってしまいます。

自宅訪問や督促書類も頻繁に届きますので家族がいる方は隠し通すことは難しいです。

電話・訪問・差し押さえを気にしない方なら取り立てを無視して借金の支払いからバックレることは可能です。

ですが時効成立目前で債権者側に時効阻止されることも多いこの踏み倒しは未来が見えないので精神的に不安定になりやすいです。

弁護士・司法書士に相談して借金を清算することは法律で認められている正当な権利なので、自己破産・任意整理等をして人生再起を図るのが一番良い解決方法だと思います。

お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加