【注意】0663597864はしつこい不動産の営業です!

0663597864はしつこい不動産業者!

0663597864(06-6359-7864)は不動産売買のしつこい営業ですので不動産売買に興味の無い方はお気を付けください。

うっかり話を聞いてしまうと見込み客リストに登録されてしまいしつこく不動産売買について営業してくる可能性があります。

不動産業者は大量の個人情報を名簿屋から買って0663597864から電話をしています。




流出してしまった個人情報は電話番号だけの場合や、氏名、住所、職業、年収、家族構成といった細かい個人情報の場合もあり流出元によって様々となります。

個人情報保護法で本人の同意無しに個人情報を第三者に渡してはならないという事になっていますが、「第三者への提供を利用目的とすること」などに同意している場合は個人情報が名簿に載ってしまう恐れがあります。

なかなか気付かないような細かい注意書きの中に情報を提供することがある旨が記載されていたりします。

どこから名簿を買ったか気になる場合は不動産業者に聞けばきちんと答えるはずですが、名簿の売買は適切な手段で行われている限り違法では無いのでそもそも電話をかけ直したりはせず無視することをお勧めします。

0663597864は無視して下さい。

相手は不動産セールスで飯を食ってるプロなので基本的に口が上手いです。

0663597864にうっかり折り返しの電話をして相手と喋ってしまうと言葉巧みに営業されてしまいますので不動産売買に興味が無いのであれば着信拒否をするなどして電話で話したりしない方がいいです。

電話を折り返すだけでも見込み客リストに登録されてしまい連日しつこい電話がかかってきてしまう可能性があります。




不動産売買をする予定がなければ0663597864は最初から無視が一番です。

信用できない不動産投資業者と会ってしまい契約すると言うまで大声で怒鳴られたり、軟禁状態で契約を迫られたりといったトラブルも全国的に起きています。

もし強引でしつこい勧誘などをされて困っている場合は最寄りの消費生活センターなどに相談して下さい。

しつこい勧誘や、迷惑を覚えさせるような時間の電話又は訪問による勧誘は禁止されています。

宅地建物取引業法が定める「迷惑を覚えさせるような時間」とは夜21時から朝8時の間とされています。

消費生活センターとは地方公共団体が設置する行政機関です。

消費生活センターでは悪質商法や契約トラブルなどに関して、専門の資格を持った消費生活相談員が無料で相談に乗ってくれます。

何度もしつこい場合は特商法違反

もうかけてこないでほしいと伝えているにもかかわらず、何度も勧誘をしてくる場合は特定商取引法(特商法)の疑いがあります。
特定商取引法とは、違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。




特商法第16条に氏名等の明示が定められており、電話勧誘を行うときは、事業者の氏名(名称)、勧誘担当者の氏名、販売しようとする商品の種類、契約の締結について勧誘する目的であることを告げなければなりません。
特商法第17条に再勧誘の禁止が定められており、特定商取引法は、事業者が電話勧誘を行った際、契約等を締結しない意思を表示した者に対する勧誘の継続や再勧誘を禁止しています。

勧誘電話を断っているのに何度も連絡するのは特商法違反になりますので、しつこい勧誘が止まらない場合は、消費者庁に通報することも検討してください。
消費者庁には特定商取引法違反の疑いがある業者をメール通報できるシステムがあります。
特定商取引法違反被疑情報提供フォーム:https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/specified_commercial_transactions/disobey_form/

情報提供フォームは相談・問い合わせを受け付けるものではないので、相談に関しては最寄の消費生活センターに連絡してください。

お住まいの地域の消費生活センターがわからない時は独立行政法人国民生活センター(0570-064-370)に連絡すれば最寄りの消費生活センターを案内してくれます。

なりすまし業者に注意

突然勧誘電話をしてくる業者の中には、電話を受けた方を信じ込ませるために有名企業等を名乗りあなたの個人情報を聞き出そうとする悪質業者もいます。
突然かかってきた電話の相手に個人情報、特にクレジットカード番号やセキュリティーコード等を聞かれても絶対に答えないようにしてください。




電話の相手が信用できる会社や金融機関を名乗るとうっかり答えてしまう方も大勢います。
悪質業者に個人情報を答えてしまうと詐欺被害に遭う可能性があります。
正規の企業がいきなり電話でクレジットカード番号などの個人情報を聞き出そうとすることはありません。

本当にその企業からの電話だったとしても、個人情報を聞かれた際は、一度電話を切りその電話番号が本当に正しいか、よく確認してこちらから電話をかけ直した方が良いです。

電話だけではなく、突然メールを送り偽装されたURLをクリックさせることで、個人情報を取得しようとするフィッシング詐欺も流行っていますので、突然の電話やメールにはお気を付けください。

まとめ

0663597864は不動産売買の勧誘です。

電話してしまうとしつこい売り込みをされてしまう可能性もありますので不動産取引に興味が無い場合はかけ直したりせずに無視してください。




お勧め司法書士事務所

任意整理・自己破産・個人再生など状況に応じて最善の解決策を提案してくれる債務整理に特化した全国対応の司法書士事務所です。着手金・電話相談無料!!

誰にも言えない借金の悩みを電話で聞いてもらうだけでも楽になれます。
新大阪法務司法書士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テキストのコピーはできません。